ライターの話。
ジッポーライターを愛用しているが、オイル切れと石の摩耗が頻繁に起こる。
出先にいる時にこういう状態になると手の打ちようがないので、コンビニでその場しのぎに100円ライターを購入することになる。
オイルと石をつねに持ち歩くわけにもいかず、その100円ライターもじきにガス切れになる。
なんかシンプルなものがないものかと思っていたら、コンビニでUSBライターを発見した。

100円ライターくらいの大きさで、小さな車用のシガレットソケットのようなものがついている。
電力で着火する仕組みだ。
一度の充電で120回着火できるとある。
何度でも充電して半永久に使えるハズ。

事務所で住宅で車で。好きなときに充電できる。スマホ用のバッテリーを持っていればどこでも使える事になる。120回といえばタバコ6箱分。

タバコを吸おうとした時にライターがないという状況は、思いのほか必死になってしまうものだ。
ガスコンロでつけたり、マッチを探したり、使い古しのライターをごそごそ探したり。
そこまで必死になるかというくらいに必死に探す。

ガスコンロも使わなくなり、マッチも使わない。
冬であれば電気式のヒーターでつけたりもする。

車にもシガレットソケットはつけない仕様にしてしまったし。
コンビニで100円ライターを買うのだが、その場しのぎで買ったものがゴロゴロと余ってくる。

こういった時にこのUSBライターならばよさげだ。
問題は、最初の一口の爽快感が減じてしまうような気がする所。
マッチの炎でつけたものが一番吸った感がある。

ところが、使ってみると、数日で充電切れ。車のUSBにつなぎ即充電する。
充電残量が表示されないのがいかん。
初期はフル充電されていなかったのだろうか、一週間は持つはずなのに。

今度は、携帯のようにライターの充電残量も気にしないといけないというジレンマに落ち入りそうだ。

こういう話に真剣になるのではなく、いいかげんタバコはやめたらどうかとも思うのだ。