今年のザ漫才2013を見た。私が批評する義務も権利もないのだが、書き残しておきたい。
漫才師1800組くらいが参加し、今年度のチャンピオンを決めるというもの。
去年のハマカーンの優勝は、私も顔見せのときに予想していた通りだったので、我が意を得たり、といい気分になったものだ。

さて、今年。
ウーマンラッシュアワーが優勝した。たしかに、あの早いしゃべりは、トランスとでもいうべきリズムであった。新しい地平を示しているようにも思う。だが、突出したボケのみが突出し、結局、相方を罵倒しているだけな部分が気になる。相方はだれでもいい。コンビとしてどうであろうか。

私の気分的には、千鳥がよかったように思う。
ノブのツッコミもツボだった。グーで二回ドンドンと叩いたり、グーでこすったり。
ツッコミの新たな可能性を見た。大吾のクセの強い歌い方。もう原型がわからない。
これは、おぬし、のネタの進化系といえよう。
ガラの悪さと、くだらなさが票につながらなかったかと思う。

ノンスタイルはもういいだろ、と思うのだが、あのボケでたたみかけるスピードはたしかにわらってしまう。質より量。しかし、あとに余韻が残らない。思い出し笑いするくらいのものがいい。

風藤松原の古典的なことわざを教えて系のネタ。つかいふるされたネタのはずが、ボケのセンスのよさだろう、新鮮でおもしろかった。リズムもよかった。来年あたり出てくるのではないだろうか。

敗者復活枠の流れ星。ちゅうえい、の、古典的なギャグ、安心感があり、好感がもてる。
ずいぶん前から知っているのだが、もっとはやくブレイクしてもよかったと思うが。

天竺鼠のシュールな路線はきらいではないが、好き嫌いがわかれるのは無理もない。あえてこのネタで勝負したいのだろう。心意気はわかる。寒い、、、季節。これからの時期、使ってしまいたくなる。菊川怜をだしてくるのはなぜだかわからないが、なにかわからないでもない。

東京ダイナマイトのみのもんたネタ。似ていたし、タブーに直球を放り込む痛快さがあった。
たしかに、息子の窃盗事件もあるが、セクハラ疑惑、いかにもやってそうだ。息子の事件が原因として丸くおさめているが、むしろ、あのセクハラのほうが問題だろう。その部分をさらっとやってくれた事が痛快だった。たけしのDNAが息づいている。

チーモンチョーチュウの鶴の恩返しネタ。古典的な昔話のパロディだが、おもしろかった。
もうそこには宝はうまっていないだろうという場所で宝を掘り当てたような感じだろうか。
しだいに、ツッコミがツッコミではなく、鶴の鳴き声の解説者のようになっていくくだりが最高だ。
このパターンはいくつものネタを産み出していけると思う。ひとつの型が完成している。

あといくつかのコンビがいたが、あまり印象にのこらなかった。

1800組以上もいて決勝に残ったのがこの12組。そう考えると、今年はレベルが低いように思う。
認定漫才師50組の顔ぶれをみても、ほとんど知らないコンビが多い。その50組のうち、これは面白い、という漫才師もそんなにいなかった。だとすると、残りの1750組は、どれほど面白くないのか。
それでも、漫才にかける人生を選択し、夢をおいかける。過酷な人生だ。
おなじく芸に生きる身として、複雑な気持ちになる。

そして、審査員。巨人師匠のような漫才を現役で続けている人や、過去に漫才で一世を風靡した人の評価は価値があるとおもうが、素人の延長線にいるような人が審査員というのはどうなんだろうか。
笑いの審美眼があればいい、という見方も出来るのだが、じゃあ、おまえやってみろ、となったときに、できるかどうか。そういう意味でいえば、巨人師匠が現役で漫才を続けている姿勢には頭が下がる。
ラサール石井などはコント出身でクイズ番組のバラエティタレントだし、大竹まことも、コント出身でよくわからないうちに文化人のようなポジションになったし。キム兄も、高須も放送作家。作曲家も混じっている。もっとガチな審査員で構成して頂きたい。

こうやって度素人の私ですら、上から目線で笑いの批評をしてしまう。日本人の笑いに対するどん欲さはどこからくるのだろうか。

一億総ツッコミ時代といわれているらしい。
ツッコミばかりでボケのいない日本という事か。できるだけボケの人生を送っていきたいと思う。