永遠のゼロブームがまだまだ私の中で続いている。
昨年末、大分県の戦争遺構を巡ってみる事にした。
宇佐市には航空隊の基地があった。この基地は訓練場であったのだが、戦局が悪化しはじめて、実戦部隊の基地になり、ここから特攻隊も出撃していった。
最近、宇佐市に平和資料館がつくられて、永遠のゼロで使用した原寸レプリカの零戦が展示されているという。
まずは、そこにいってみる。
倉庫のようなローコストな建物であったが、内容は充実していた。

レプリカのゼロ戦、かっこいい。
人殺しの道具だ、と、やみくもに批判する人がいるが、ごっちゃにしてはいけない。
無差別大量殺戮兵器ではなく、パイロット対パイロット。ようは、舞台は戦場だが、各国の技術開発力の話だ。

そして、掩体壕を見に行く。
建築関係者からすれば、合理的な構造物。土をかぶせているので、環境建築のようにもみえるし、コンクリートにあけられた機体の形状の穴。スカルパの建築のようにも見えてくる。
掩体壕のそばに慰霊碑があり、出撃した特攻隊員の名前が列挙されている。
全国各地から、予備兵の優秀な若者があつめられた事がわかる。
当時の大学生というのは、超エリート。そのエリートが国のために命を投げ出し、短期間で特攻の訓練をして、飛び立っていった。大学全入時代の大学生とはわけがちがう。

その後、日出町の回天基地跡を見に行く。回天神社がつくられており、その内部にけっこうな資料がはられていた。日出の大神基地からは一人の戦死者が出たという。よくみると、自決の者とある。
死に行く訓練を続け、出撃することなく終戦を迎えたのだろう。死を意識した訓練期間、これもまた、壮絶な期間であったのだろう。

人間魚雷などとおぞましい呼び方をされているが、おそらくは戦後の反日勢力がそのように広めていったに違いないが、回天。難局を一気に反転させる決死の兵器。そういったネーミングだ。人間魚雷などと呼ぶべきではない。

大分県にはそのほか、大分にも航空隊があり、佐伯にも航空隊があったという。佐伯は、真珠湾攻撃の練習地でもあったという。今度、県南を中心に巡ってみたいと思う。

安倍総理の靖国参拝をうけて、今年の初詣は、靖国神社の参拝数がぐっと増えたらしい。
けっして、右傾化ではない。左側にあったものがセンターに戻ってきた。そういう事だと思う。
あたりまえの愛国心。

先の大戦で命をかけて戦った当時の若者達の尊い命の上に現在の我々がいる。
それを考えると、自分自身を恥じる。命がけでなにかのために生きているのか。
無駄に人生を浪費してはいないか。そのような事を強く思う。
仕事を通して、日本のために貢献できないか。そのように思う新年だった。