某スタジオの計画を思案中、気になっていた照明器具を思い出した。
フィリップスのhue。10月30日のグッドデザイン賞祝賀会と受賞展に出席したおり、ベスト100の展示を見て回った時に、この商品を知った。ちらりと、ネットでも見ていたもの。
iPhoneで色を変化させることのできるLED電球だ。

iPhoneでいろんな機器を操作できる商品というものは、どんどんふえている。
ブルートゥースですでに、事務所のスピーカーにもとばしているし、車のカーナビステレオにもiPhoneで飛ばしている。

照明器具の色の可変。遊び心にみちているではないか。
雰囲気づくりが重要なスタジオにおいては、かっこうの器具のように思える。

さっそく、アップルストアで注文。なぜアップルストアなのだろうか。届いた商品、アップル製品のように、パッケージからして美しかった。

事務所内で口金のあう照明スタンドの電球と入れ替える。このままだと、通常の色で点灯するようだ。

ベースパーツをネットにつなぎ電源を入れる。
そして、iPhone用アプリをダウンロードした。

さて、操作開始。
オンオフ、調光、そして、色変化。基本的に無限大の変化だ。
すばらしい。見事な商品だった。

事務所の打ち合わせコーナーの照明にしてみようと思う。

住宅の中の家電品のリモコンはiPhoneひとつ。そういう時代がすぐそこまで来ている。