アマゾンでいろんなものを注文するようになった。
アマゾンについては、日本に税金をおさめていないという問題と、街の小さな本屋さんをねこそぎ壊滅させたという問題がある。そして、送料無料で、配送会社に負担させている、という問題。

世界のフラット化により、企業もグローバル化し、自国内で完結する企業は少なくなっている。
法人税の安い国に企業の本社を置く、というのは、もっとも企業にとって合理的な判断というのはわかる。
だが、企業や株主ばかりが反映し、国や国民が貧困にあえぐ、というのは、亡国の理論のように思う。

配送会社に他の荷物のついでに配送させている、という理屈だろうが、私の事務所において、宅急便のうち、アマゾンの比率は80%近くになるのではないだろうか。
もはや、ついでに、というレベルではないだろう。

これだけ問題があっても、アマゾン離れはなかなか難しい。
本屋に頻繁に行く機会のない私にとって、24時間、iPhoneさえあれば、どこでもショッピングが出来る。
本だけではない。生鮮食料品以外はほぼ購入できてしまうし、値段もいろいろ調べると、アマゾンが最安だった、というケースも多くなってきた。レビューによって、失敗するケースもほとんどなくなってきた。
さらには、自動的におすすめ商品を教えてくれるし、関連商品も次々と出てくる。品揃えも、おそらくは最大規模ではないだろうか。

しかも、アマゾン、クラウド分野でも注目をあつめているらしい。
そのうち、当事務所のレンタルサーバーもアマゾンに移行する可能性も高くなってきた。

家電量販店ですら、店頭で現物を見てアマゾンで購入する人々によって、経営をあやうくさせていると聞く。
アマゾンが小売店を完全に淘汰してしまう日がくるのも現実となるようにも思う。

アマゾンの過剰梱包も最近では簡素化されている。文庫本一冊が大きな箱にはいっているケースが多かったが、最近は、クッション付き封筒でコンパクトにおくられてくる事も多くなった。
アマゾンも環境配慮に進化しているのだろう。

アマゾンとアスクルで当事務所で必要なものはほぼ100%まかなわれている。
地元の商店街に行く頻度もほとんどなくなってしまった。

商店街は郊外の大型量販店によってダメージをうけ、さらに、アマゾンなどのネットショップによって、さらにダメージをうけている。生き残るためには、アマゾンでは絶対に買えないものを売るしかないのだろうか。

もはや、アマゾンだけで暮らしていく事もやろうとおもえば可能な時代。
そういった状況に異議を唱える事も困難になりつつある。

愛国消費をこころがけようという気持ちは強くあるのだが、現実には難しい状況にある。
せめて、アマゾンジャパンの法人税や消費税は日本に還流されてほしいように思う。

ジェフベゾスの本が発売されているので読んでみようと思う。
カスタマーサービスを最優先させる方針はすばらしいと思う部分もある。